埋没毛を防ぐ方法

自分の肌をよく見たときに、むだ毛が皮膚の中で埋まっていることはありませんか?
埋没毛と呼ばれるものです。
一度埋没毛が発生すると、繰り返し埋没してしまう可能性があります。
埋没毛を発見すると、なぜか無理やり出したくなるのが人間の心理。
しかしこれは絶対にやらないでください。自己ケアで直すことは出来ません。
まずは埋没毛が生まれる原因を取り除くことが必要です。

埋没毛とは、自己処理で毛を剃ったり、除毛・脱毛を行ったときに皮膚を傷つけ、かさぶたとなる過程で毛穴がふさがれるため、皮膚の中で毛が成長してしまうことを言います。放置しておけば、いつの間にか外に出てくることもあるようですが、場合によっては色素沈着、つまりシミの原因となることもあります。

特に埋没毛が出来やすいのはワキですが、それは処理方法が間違っているからと考えられます。
ワキは太く濃い毛が多く集まるため、つい強引に処理をしようという心理が働きます。
たとえば毛抜きで引っ張ったり、かみそりで剃ったりすると肌は当然のことながら、傷つきやすくなります。つまり埋没毛を引き起こす悪循環に陥ってしまうのです。

では予防法はあるのか?
ずばり自分でむだ毛の処理をしないこと。何もしないことです。
時間が経つと自然となくなるので、埋没毛が気になる場合は、ムダ毛の処理をせず、放置しておくのが一番の対処法です。しかしむだ毛処理の低年齢化が進むこの時代に、自己処理をしないことなんて不可能ですよね。その打開策としてオススメしているのが抑毛です。抑毛とは、毛周期を遅らせ、毛を細く・薄くして目立たなくする方法です。

抑毛剤でもっとも有名なのが豆乳ローションをではないでしょうか。豆乳には女性ホルモン「エストロゲン」によく似た成分を含んでおり、毛穴に直接取り込むことにより、むだ毛が抑えられます。最近では、パイナップル豆乳ローションが人気を集めています。

残念ながら毛が無くなるわけではありません。しかも継続して利用しなくてはいけないため、今すぐに毛がうすくなるわけではありません。また、毛の太い人・濃い人には効果が薄いようです。しかし個人差はありますが、効果が出ている人もいるので試している価値はあるでしょう。また多くの抑毛剤に美肌成分が含まれており、同時に美肌効果を得られます。

この間、豆乳にはムダ毛を抑制する効果があると知り、豆乳ローションを試してみることにしました。お風呂から上がった後にムダ毛が気になる脇の部分に塗ることを続けて、3週間すると、毛穴の黒ずみが少し改善されてきました。さらに、保湿効果が良くなったことにより肌に潤いが取り戻され、自分で処理した後の肌荒れがなくなりました。豆乳ローションを試してみたら、メリットだらけでした。

いっそのこと脱毛サロンで脱毛してしまうというのも良い方法です。最近は料金も安くなってきたので狙い目です。高崎で満足度の高い脱毛サロンにあるように、脱毛ラボなどでは1万円程度の月額制で全身脱毛できるとあって、非常に人気を集めています。はじめに脱毛する箇所として人気の高い両ワキの場合、全国的に知名度の高いミュゼプラチナムで脱毛する人が圧倒的に多いようです。